メニューを表示する
秋田県横手市のキャリアコンサルタント。起業創業、働く女性、働きたい女性のサポートならビーリンクド。
Be linked ビーリンクド
TOP
お知らせ
ビーリンクドについて
起業・創業支援
セミナー・講演会
販路開拓・販売促進
女性活躍・キャリコン
お問い合わせ

女性活躍推進・キャリアコンサルタント
女性活躍推進・キャリアコンサルタント

 キャリアコンサルタントやインキュベーション・マネージャーとして数多くの方の就業や起業創業等の支援に関わってまいりました。数多くの女性の支援もしてまいりました。

 民間の企業に勤めている時から、女性の力が無ければ何一つ仕事がスムーズに進まないという経験をしており、そのためには真摯な気持ちで向き合い、お話を丁寧に聴くことが大切なことだと当時から感じておりました。縁があって、キャリアや就職、雇用支援に関わる仕事に就くことになり、その資格も取得いたしました。自分自身が男性脳で考えることに慣れてしまっていたために、ファシリテーター養成研修を受講した時には、徹底的に右脳で考えることを学びました。女性と男性の脳の使い方や考え方・行動の違いなどにも気づかされました。

 女性と男性の違いを意識して事業に結び付ければ、企業内に良い影響が出ることは確実です。女性が男性との違いを男性が女性との違いをお互いに理解することができればと思っています。

「江戸しぐさ」の中に「女しぐさ・男しぐさ」というものがあります。性差別をつくらない江戸の知恵として紹介されております。女性は控えめでつつましく、男性は勇ましく思慮深く振る舞うのが、「女しぐさ」「男しぐさ」である。現代では、男女差別だという声が上がりそうですが、江戸では、決して差別ではなく、いわば役割分担でした。

 女性の活躍推進には、人間同士の理解が不可欠であり、その理解を促すためのセミナー・講演会等も行っております。

No1特別なキャリアがないけれど起業できる?

 経験・知識を活かしたいから、人の役に立ちたいから、子育てがひと段落したから、もっと稼ぎたいから、自分の時間で仕事がしたいから・・・など、起業の動機は人によってそれぞれ違うと言ってもいいと思います。では、起業とは何なのでしょうか?一つには、「社会が必要としていることを提供し続けること」が上げられると思います。私は、起業に関しては動機が大切であって、特別なキャリアはなくても良いと思っています。
「何かしたい」の「何か」を起業の動機と勘違いされる方がおります。すぐに起業に結びつける必要は無いということです。ボランティア活動かもしれませんし、ママ友同志でのイベントの開催なのかもしれません、スポーツや庭いじり、野菜の栽培なども考えられます。
それらの活動の中から社会が必要としていることを見つけることも多いはずです。
社会が必要としていることが見つかり、それを継続してやっていきたいと思えた時に起業を考えてもいいのかもしれません。

No2何かしたいければ考えがまとまらない

 あなたが何かしたいと思った時にあなたはどうしますか?ご家族やご友人お知り合いに相談するとおっしゃる方が多いのではないでしょうか。その時、ご家族やご友人お知り合いは親身にお話を聴いてくれると思います。あなたはお話を聴いてもらえてすっきりしただけで終わっていませんか?逆の立場で考えてみましょう。あなたはご友人のお話を親身に聴くことご友人がすっきりすることで終わりにしていませんか?
 ご家族やご友人お知り合いはあなたの何かしたいを主語にしてお話を聴くことができているでしょうか?あなたの何かしたいの何かって?仕事ですかサークル活動ですかボランティアですか起業・創業?他にもいろいろあるかもしれませんね。そんな時にあなたに好意的関心を持ち第三者的な立場でお話を聴いてくれる専門家がいます。この4月からは国家資格になったキャリアコンサルタントという存在です。
キャリアというと仕事と考えてしまうかもしれませんが、キャリアとは人生そのものであるのかもしれません。キャリアコンサルタントの世界では、答えは自分自身の中にあると言われています。あなたの何かしたいに気付きをあたえてくれる関わりをしてくれると思います。

No3初めの一歩が踏み出せないのですが…

 何かを始めたいときになかなか一歩踏み出せないことはよくあることだと気持ちを楽に持ちましょう。始め方を考えて行動を起こすと良いと言われますが難しいことかもしれません。始めなければならない日が決まっている時は、その日に向かえば良いのですが。
 あなたの何かしたいはどこからきているのでしょう?そこを考えてみたいですね。経験や知識を活かしたい、人の役に立ちたい、子育てがひと段落したから、自分の時間を有効に使いたいからなどいろいろ理由はあると思います。
 そこで何かを始めたいと思った時にやってほしいのが、自分自身を知ることです。自分ができることややりたいことは何かを考えてみましょう。まずは、今までの経験や知識を棚卸ししたいです。難しく考える必要はありません。履歴書や職務経歴書を記載する要領で簡単なものを作ってみましょう。
次に人生の年表なども作成してみるといいかもしれません。自分の人生の中ですごくプラスの時とすごくマイナスの時があったかもしれません。人生年表を作成してみると見えてくるものがあります。それは、あなたは初めの一歩を踏み出してきたから今の人生があるということです。初めの一歩の踏み出し方はご自身が一番分かっているのではないでしょうか。